システム乗り換えについて

エーエムエルマーケシステム[LINE公式アカウント追加、メールマガジン発行]販促と顧客管理が充実できるマーケティングツール(株式会社ビショップ)

 

当システムのようにMessaging APIを用いて、LINE公式アカウントを活用したシステムは多く存在します

システムによってサービス内容や価格が異なるのはどこの業界でも同じですね

先日のブログでは料金面について他社との違いをご紹介させていただきましたが、

料金比較!LINEメッセージ配信サービス会社

「XX社のシステムを使っているけどエーエムエルに乗り換えたい」、といったご相談が増えてきましたので
本日は、当システムへの乗り換えによる方法、注意点をご案内させていただきます

 

まず、乗り換えによる方法は以下の通りでございます

1)現在ご利用されているシステム会社様に解約のご連絡を入れます
2)当システムとご契約をします
3)LINE公式アカウントのBOT情報にあります、Channel ID / Channel secret / webhock URLを当システムに反映致します

※解約までかかる日数や当システムの利用開始までの日数もありますのでご注意下さいませ
※システム会社様によっては「最低利用期間」がございますので併せてご確認下さいませ

 

次に、乗り換えによる注意点は以下の通りでございます

◆現在ご利用されているシステムにあります「友だち」情報は引き継げません
◆現在ご利用されているシステムで登録しているステップメッセージ等は引き継げません

※友だち情報は引き継げませんが、お客様のLINE公式アカウント自体には、友だち情報は残っております

 

システム利用として重要な顧客情報(友だち)や、自動配信設定が引き継げないのは乗り換えにあたってかなりのデメリットでございますが、
これらは以下の対応で解消されます

◆友だち情報(顧客情報)
⇒当システムにBOTを登録した後に、LINE公式アカウントから直接友だちへメッセージ配信をします

※LINE Official Account Manager
https://www.linebiz.com/jp/login/

⇒友だちから何かアクションがあると、当システムの友だち情報に反映されます

※ご注意)「友達登録日時」は、当システムが友だちとして認識した日時(友だちからアクションがきた日時)が刻印されます

 

以下より手順のご案内を致します

 

エーエムエルマーケシステム[LINE公式アカウント追加、メールマガジン発行]販促と顧客管理が充実できるマーケティングツール(株式会社ビショップ)

エーエムエルマーケシステム[LINE公式アカウント追加、メールマガジン発行]販促と顧客管理が充実できるマーケティングツール(株式会社ビショップ)

エーエムエルマーケシステム[LINE公式アカウント追加、メールマガジン発行]販促と顧客管理が充実できるマーケティングツール(株式会社ビショップ)

エーエムエルマーケシステム[LINE公式アカウント追加、メールマガジン発行]販促と顧客管理が充実できるマーケティングツール(株式会社ビショップ)

エーエムエルマーケシステム[LINE公式アカウント追加、メールマガジン発行]販促と顧客管理が充実できるマーケティングツール(株式会社ビショップ)

エーエムエルマーケシステム[LINE公式アカウント追加、メールマガジン発行]販促と顧客管理が充実できるマーケティングツール(株式会社ビショップ)

 

 

◆配信設定
⇒現在ご利用されているシステムに登録してある内容をメモし、当システムの該当箇所へ設定していきます

※当システムに情報(メッセージ設定や友だちへのタグ、メモなど)を登録してからご利用されるとよろしいかと思います

 

最後に・・・当システムを止めて他社システムへお乗り換えされる場合でも、基本的には前述のとおりでございます

※一部の他社システムで、解約(乗り換え)の場合にはLINE公式アカウント(BOT)が使えなくなる事もあるようですが、当システムの場合にはそのような事はございません

 

エーエムエルマーケシステム[LINE公式アカウント追加、メールマガジン発行]販促と顧客管理が充実できるマーケティングツール(株式会社ビショップ)

共感または関心いただけたらシェアください

PAGE TOP